06日 10月 2022
 私の精神療法を受けられた方からの希望をいただくことが増えてきましたので、精神療法を施行するときの情報およびメッセージを開示いたしますので、参考にしていただければ幸いです。  これらは、電子カルテの画面に大きな文字で表示しています。  実存分析的精神療法(標準型)  脳レベル:  脳システムにおける問題...
03日 10月 2022
  「勝者の脚本」...
02日 10月 2022
 ヴァン・ジョインズによる人格適応論は、たいへん興味深く日常臨床および人間理解において役立つ理論です。  当院では、人格適応タイプアンケート(簡易版)を記載していただいております。  この理論を習得すると、短時間で他者の性格を理解できるようになります。...
01日 10月 2022
5つの短い章からなる自叙伝  ポーシャ・ネルソン  Ⅰ  私は通りを歩く。  歩道に深い穴がある。  私はおっこちる、  私はどうしていいのかわからない、……どうしようもない。  これは私の間違いじゃない。  出方がわかるまでものすごく時間がかかる。  Ⅱ  私は同じ通りを歩く。  歩道に深い穴がある。  私はそれを見ないふりをして、...
01日 10月 2022
  心理ゲーム  弱み + わな ⇒ 切り換え ⇒ 混乱 ⇒ 結末 ⇒ 報酬(ラケット感情) ○ゲームの種類 ・「迫害者」から: 「キック・ミー」「さあつかまえたぞ」「あらさがし」「警官と泥棒」「誘惑(ラポ)」 ・「救助者」から: 「あなたのお役に立とうとしただけ」 ・「犠牲者」から:...
01日 10月 2022
ラケット感情になり得る感情...
28日 9月 2022
人生脚本: ○ 2~3歳から決断がはじまり、6~7歳には完成 ○ 準拠枠、再定義 … 世界を舞台構成する ○ 脚本役割:「迫害者」「救助者」「犠牲者」 ○ 脚本のモットー(スローガン) … 自己・他者・世界に対する否定的な信念 ○ ラケット感情・思考・行動(幼少期よりなじみの感情・思考・行動のパターン) ○ 脚本の報酬(結末)...
25日 9月 2022
 禅の思想:  「分別計較」する心(自我)により、非本質的な価値判断に対してとらわれ、執着すること、自己や他者に対する支配・コントロール・批判することと結びつきます。  「これが、自我意識によるとらわれなのだ」と気づく瞬間、心(本質自己)を体験します。...
20日 9月 2022
 精神療法=会話療法という図式は、精神分析原理主義による悪しき伝統にもとづく偏見です。  精神療法は、通常の社会的相互作用・コミュニケーションとは異なるものであり、医術なのです。  期待されるメッセージを返すのではなく、重要な意味をもつより良くなることに結びつくメッセージを伝えること。 ( ≠ 社会的相互作用 )...
17日 9月 2022
 不安障害には、パニック障害、強迫性障害などの名称を与えられた診断もありますが、不安症状を主訴とする場合、安易に不安障害と定義づけされている場合もあります。  不安という不快感情は、反復‐再現前化により、不安そのものに対する不快感情となり、悪循環的に強化されるプロセスとなります。...

さらに表示する