精神科医の役割

 精神科医に求められる役割とはどのようなことでしょうか?

 まず、医師として、症状を改善させること。そして、心理・行動および人生レベルにおけるポジティブな変化に結びつけていくという役割であると考えます。

 外科医を受診して診断を受ける場合、「どうやって、治せますか?」と質問すれば、彼は治療方法に関する情報を伝えてくれるのではないでしょうか。

 一方、精神科医に対して同じ質問をする場合、どんな反応が得られるのでしょう?

 当院を初診される方々に、「以前は、どんな治療を受けましたか?」と問いかけます。「くすりの処方だけ」「診察が短い」「ひたすら、話をするだけ」「治療といえるものはなかった」等々。

 それに対して同調はしません。転医する方々は前医が合わないことが前提なので、評価が悪いのは仕方がないことなので。翻って、私自身も多くの批判を受けていますので。

 わたしは、精神科医として、技術を前提として、誠意をもって治すことを目的として診療させていただきます。多くの方々が、良くなられて顔が輝くのを拝見すると、大きな喜びを体験します。

 「飢えているひとに、魚を与えるのではなく、釣りの仕方を教えること」(その場しのぎの問題解決ではなく、より良い人生へと結びつくようなメッセージと情報を伝えていくこと)

 今後も日々、研究および探究を倦まず弛まず続けていきます。