心理ゲーム(人生脚本)分析

 

「支配的な親(CP)」による「命令」、「禁止令」に対する順応により展開される(自己愛およびストローク不足であることが前提)

 

      「悪い・ひどいひと」(「迫害者」

 

      「かわいそうなひと」(「犠牲者」

 

      「助けようとするひと(でも、助けられない)」(「救助者」

 

心理ゲームによる報酬

 

生物学的

マイナスのストロークを満たすこと

人生脚本

 悲劇的な結末へと向かうプロセスを強化

実存的

 生きづらい人間存在であること、ネガティブな世界観を強化すること

 

 心理ゲーム:「精神医学」「考古学」「法廷」

 精神科医:「救助者」、患者:「犠牲者」

 ネガティブな心理・行動・症状を強化