私の心理構造

 私の心理構造に関する情報を開示させていただきます。

 

 最もエネルギーが高い自我状態:

 「支配的な親」(CP)、「養育的な親」(NP)

⇒ 他者を指導、育成することに関する強みをもつ一方、ヒールな面(毒性)も合わせもつこと(敵からは、「二面性」と揶揄されます。)

 

 次にエネルギーが高い自我状態:

 「成人」(A)

⇒ テーゼとアンチテーゼを対立させながら、発展的な思考を展開していくこと(弁証的な思考形式)

 「自由な子ども」(FC)

⇒ 今ここでの自然な感情:「悲しみ」「怒り」「嫌」「怖れ」「喜び」を体験すること、表現すること

 「成人」「自由な子ども」による創造的な直観

 

 エネルギーが低い自我状態:

 「順応した子ども」(AC)

⇒ 自己の存在価値、尊厳を値引きされることに対しては受動的にふるまわない、看過しないこと

⇒ CPとAによる行動を表現すること