双極スペクトラム障害

 いわゆる、「うつ病」という診断は、抑制型の古典的なうつ病像を認める場合には適切であると考えます。

 治療として、抗うつ剤を主剤とした薬物療法が正当化され、再発予防として長期にわたる維持療法を行わなくてもよいということになります。

 しかしながら、このような病態はかなり少ないという印象があります。

 多くの「うつ症状」は、双極性の成分が混在しています。不安症状を認める場合、「うつ病」との診断は不適切です。

 「うつ病」の方は、詳細に語ること(「完全であれ」)、滔々と語ること(「努力せよ」)、笑うこと(「喜ばせろ」あるいは「絞首台の笑い」)、早いリズム・テンポ(「急げ」)のような表現とは結びつきません。

 これらは、双極性を示唆する所見であります。

 実際のところ、抗うつ剤ではなく、抗精神病薬、気分安定剤を主剤とした薬物療法により、症状および経過の改善が得られる方が多いです。

 やむなく、抗うつ剤を処方すると、予想通り効果の発現が早いこと、服用継続により効果が減退してしまう(「ヘタレ現象」)が起きます。

 あるエキスパートによる書籍を読むと、「躁症状」の既往を確認することを強調しています。

 既往よりも現症の方が重要なことは言うまでもありません。(過去ではなく、今苦しんでいる方を治すのが医者の役割です!)

 過去の躁症状に関して質問することにはどのような意味があるのでしょうか?

 当事者は病識欠如のため、過去の躁症状を否定する可能性が高いでしょう。

 家族からの情報が重要だとされますが、それは正当なことでしょうか?

 過去の経験に関する情報には、今における志向性(無意識的な前提)により反応が影響されるという重大な問題があります!

 現在のところ、双極Ⅰ型障害、双極Ⅱ型障害との診断に至る場合、詳細な過去の気分エピソードが前提となっています。これらの診断に至る場合、二度とその診断定義づけを手放すことはなく、半永久的な薬物療法、病者としての制限された人生行路と結びつくことになります。