5つの短い章からなる自叙伝

5つの短い章からなる自叙伝  ポーシャ・ネルソン

 Ⅰ

 私は通りを歩く。

 歩道に深い穴がある。

 私はおっこちる、

 私はどうしていいのかわからない、……どうしようもない。

 これは私の間違いじゃない。

 出方がわかるまでものすごく時間がかかる。

 Ⅱ

 私は同じ通りを歩く。

 歩道に深い穴がある。

 私はそれを見ないふりをして、

 またまたおっこちる、

 また同じ場所にいるのが信じられない。

 やはり出るのにずいぶん時間がかかる。

 Ⅲ

 私は同じ通りを歩く。

 歩道に深い穴がある。

 それがあるのが見える。

 それでも私はおっこちる、……これは習癖だ

 私の目は開いている。

 自分がどこにいるのかがわかる。

 これは私のしたことだ。

 すぐそこからでる。

 Ⅳ

 私は同じ通りを歩く。

 歩道に深い穴がある。

 私はそれを避けて通る。

 Ⅴ

 

 私は別の通りを歩く。